更新ブログ


-天気予報コム-

2019年11月13日 (水)

切なく胸を打つ恋愛小説

切なく胸を打つ恋愛小説 劇場 又吉直樹著 新潮文庫刊 本体490円+税 それぞれ夢を抱いてやって来た東京出会った二人。恋愛のことがよく解らないからこそ若くて未熟なふたりが共に過ごしたどうしょうもない時間。永田や、沙希のどちらも痛いほによく分かる。

2019年11月 6日 (水)

大人の流儀 9

大人の流儀 9 ひとりで生きる 伊集院静著 講談社刊 本体909円+税 人は誰しも孤独な時間を生きている。孤独だと知るこが生きること。ひとりで生きることが人間の基本
、大切な人の死はそのことを残った者に教えてくれる。でもなかなかそんなふうには、考えられない。

2019年10月30日 (水)

予測不可能なミステリー

予測不可能なミステリー ムゲンのi 上、下 知念実希人著 双葉社刊 各本体1400円+税 若き女医は不思議な出会いに導かれ、人知を越える事件に挑む。物語を読み進めていくと夢中になり「あーなるほど!」となり最後は涙が止まらなくなりました。

2019年10月25日 (金)

どうか、生きて。

どうか、生きて。 9月1日 母からのバトン 樹木希林著 ポプラ社刊 本体1500円+税 希林さんが遺した言葉と、それを受けて内田也哉子さんが考え、対話し、紡ぎだした言葉をまとめた一冊です。テーマが不登校や教育だったのでテーマを超えた生きる人間に普遍的な内容で、希林さんの優しさが伝わってくる一冊です。

2019年10月16日 (水)

入魂の書き下ろしミステリー長篇

入魂の書き下ろしミステリー長篇 落日 湊かなえ著 角川春樹事務所 刊 本体1600円+税 読んで嫌な気分になるミステリー・・・「イヤミス」この新作「落日」がまさにそれでは。最終的にあぁそこに落ち着いてよかった、とほっとした気持ちなりましたが総合的にとても悲しいミステリーでした。

2019年10月 2日 (水)

2年ぶりの最新長編

2年ぶりの最新長編 罪と祈り 貫井徳郎著 実業之日本社刊 本体1700円+税 誰のための正義?第三者のためにここまで人は動きますか?誰も幸せになら無い過去の出来事。過去を追いかけていく息子達 父親達の秘密。圧巻のラスト‼

2019年9月25日 (水)

待望の最新書き下ろし小説

待望の最新書き下ろし小説 クジラアタマの王様 伊坂幸太郎著 NHK出版 本体1500円+税 製菓会社に寄せられた一本のクレーム電話。広報部員・岸はその事後対応をすればよい・・・はずだった。夢と現実が繋がっていて、話の途中に挿し絵ではなくて漫画展開が特徴的。おやーって思うところ有りますが是非一読を。

2019年9月18日 (水)

任侠シリーズ

任侠シリーズ 任侠学園 今野敏著 中公文庫刊 本体667円+税 生徒はみな舎弟だ!正統派ヤクザが任侠と人情で荒れ果てた私立高校を立て直す!世のため人のためお役人に立ちます。不器用な奴らの痛快世直しストーリー。
映画「任侠学園」9月27日 (金)公開 西島秀俊 西田敏行 ダブル主演

2019年9月11日 (水)

加賀恭一シリーズ

加賀恭一シリーズ 希望の糸 東野圭吾著 講談社刊 本体1700円+税 ある殺人事件で複雑に糸がからまり、容疑者そして、若き刑事の苦悩。絡まった糸が少しずつほどけていく。どうしたら、本当の「家族」になれるか?絆の話の物語です。読みごたえ有りです。

2019年9月 4日 (水)

4人の女性の話

4人の女性の話 絶唱 湊かなえ著 新潮文庫刊 本体550円+税 トンガでゲストハウスをしている尚美さんの4つの物語。阪神淡路大震災がテーマとなった小説。せかせかしていない場所で
色んなことをゆっくり考えられるかもしれませんね。