更新ブログ


-天気予報コム-

2018年2月14日 (水)

第158回 直木賞受賞!

第158回  直木賞受賞! 銀河鉄道の父 門井慶喜著 講談社刊 本体1600円+税 苦悩する父と夢を追い続けた息子の対立と慈愛の月日。父からの目線で書かれた本はなかなか興味深いものです。さまざまな視点から賢治や賢治の家族の関わりや想い賢治に注いだ無上の愛 感動の「親子」小説
賢治ファンは一度手にしてみてはいかがでしょうか?

2018年2月 7日 (水)

2018年本屋大賞ノミネート!

2018年本屋大賞ノミネート! 百貨の魔法 村山早紀著 ポプラ社刊 本体1600円+税 「桜風堂ものがたり」に出てくる銀河堂書店さんのテナント先、星野百貨店が舞台‼人々の夢や希望がいっぱいつまった魔法のものがたり百貨店に温かな命が宿っていく。

2018年1月31日 (水)

さだ節全開!

さだ節全開! やばい老人になろう さだまさし著 新潮新書刊 本体1100+税 やばい老人の3原則 1 知識が豊富 2 どんな痛みも共有してくれる 3何か一つ凄いものを持っている。ああ楽しい老後でありたいですね。この国の未来は老人にかかっていますよきっと。

2018年1月24日 (水)

老い方レッスン

老い方レッスン 95歳まで生きるのは幸せですか? 瀬戸内寂聴 池上彰著 PHP新書刊 本体860円+税 「老後」と呼ばれるほど長生きできたとしたら、生きているだけで儲けもの。老人らしく生きる必要はない。自分らしく生きよう。でもその自分らしくがわからない。超高齢社会を迎える日本で、長生きする事は本当に幸せなのかな?誰もが避ける事の出来ない「老い」や「死」について考えてしまいます。池上さんの鋭い問いかけ。寂聴さんのやりとりはさすがの一言。

2018年1月17日 (水)

芥川賞受賞作

芥川賞受賞作 おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子著 河出書房新社刊
本体1200円+税 74歳の「桃子さん」が主人公。子供は手を離れ、夫には先立たれ、ペットの犬も死に、本当に「おひとり様」となった今、沢山の内心の声が聞こえてくるようになります。新たな「老いの境地」を描いた感動作!63歳でのデビュー作。誰もが一人生きる老いを乗り越えたいものです。東北弁万歳!

2018年1月10日 (水)

ただのファンタジー作品ではない。

ただのファンタジー作品ではない。 かがみの孤城 辻村深月著 ポプラ社刊 本体1800円+税 学校での居場所をなくし、閉じこもっていた安西こころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鏡を探す。生きづらさを感じているすべての人に贈ります。一気に読み必至、涙ぼろぼろ。最高傑作‼

2018年1月 6日 (土)

感動作、誕生!

感動作、誕生! おもかげ 浅田次郎著 毎日新聞出版刊 本体1500円+税 定年の日に倒れた男の幸福とは~。商社マンとして定年を迎えたが、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこまれた。同期入社で今や社長となった堀田憲雄の嘆き、妻・節子や娘婿の大野武志の心配、幼なじみの大工の棟梁・永山徹の思いをよそに、竹脇の意識は戻らない。彼らを見守る看護師・児島直子は、竹脇と通勤電車で20年来の顔なじみでもあった。・・・
心揺さぶる、愛と真実の物語。泣けてしまいます。

2017年12月27日 (水)

「壁」の次は?

「壁」の次は? 遺言 養老武司著 新潮新書刊 本体720円+税
動物とヒトの違いは何か?人間関係やデジタル社会の息ぐるしさから解放される道にもなる。このうえく明るく面白い「こう考えれば、人生はしのぎやすくなりますよ」きっと。

2017年12月20日 (水)

人気作家の二人が4年をかけた合作書き下ろし。

人気作家の二人が4年をかけた合作書き下ろし。 キャプテンサンダーボルト(上 下) 阿部和重、伊坂幸太郎 著 文春文庫刊 本体720円+税 (上) 本体700円+税(下) 世界を救うために、二人は走る。東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29。公開中止になった幻の映画。・・・完全合作エンターテイメント。

2017年12月13日 (水)

本当の歴史の面白さ⁉

本当の歴史の面白さ⁉ 日本史の内幕 磯田道史著 中公新書刊 本体840円+税 教科書も、小説も教えてくれない、戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで。古文書の達人だけが知っている。豊臣秀吉と徳川家康が転機を迎えた「史上最強のパワースポット」とは。秀頼は本当に秀吉の子なのか。龍馬や西郷の書状の中身は。・・・歴史の面白さがここに!