更新ブログ


-天気予報コム-

2019年4月17日 (水)

痛快お仕事小説

痛快お仕事小説 わたし、定時で帰ります 朱野帰子著 新潮文庫刊 本体590円+税 定時の女王は体育会系ブラック企業に勝てるのか? 定時に帰ると心に決めた会社員東山結衣、ブラック上司に反旗を翻す。新なた同僚達もくせ者揃いの中いままで通りの定時退社を貫けるのか?理想と現実のギャップがあって若い人世代でも考え方や姿勢も違う。悩むすべての会社員さん必読!

2019年4月10日 (水)

長編ミステリー

長編ミステリー ノースライト 横山秀夫著 新潮社刊 本体1800円+税 「64」から六年待望の長編ミステリー 1級建築士が主人公。施主の家族に何があったのか?ポツンと残る「椅子」の意味とは? 一家はどこへ消えたのか? 建築業界に詳しくなくても十分に読めちゃいます。

2019年4月 3日 (水)

待望の続編

待望の続編 魔眼の匣の殺人 今村昌弘著 東京創元社刊 本体1700円+税 新ミステリー研究会として共に行動する様になった剣崎比留子と葉村譲。紫湛荘での事件の原因となった班目機関の情報を探していたが、あの事件を予言していたという超能力者の情報を得て彼女のいる人里離れた施設へと向かった。葉村くんと比留子さんのコンビも良くなって面白いです。

2019年3月27日 (水)

好評シリーズ第5弾

好評シリーズ第5弾 浮雲心霊奇譚 呪術師の宴 神永学著 集英社刊 本体1300円+税 初の長編 です。 怪奇現象も、複雑に入り組んだ謎も、事件の背後にある陰謀も、浮雲たちが戦う敵もパワーアップしています。浮雲の過去の一部が明かされたり遊山との意外な関係も・・・
今後も楽しみですね。

2019年3月20日 (水)

爽快にして痛快‼

爽快にして痛快‼ いい女、ふだんブッ散らかしており 阿川佐和子著 中央公論新社刊 本体1200円+税 お父様の葬儀、認知症のお母様の介護、還暦過ぎての結婚・・・
激動の日常を赤裸々に綴った「アガワ流」人生の戦い方!いい女、ふだんブッ散らかしておりは本人が言っているのではなくて第3者から言われた言葉。
誰もが来る老いも蹴散らすアガワ流、リラックスしたいときに一読を。

2019年3月13日 (水)

理不尽な妻との上手な付き合い方

理不尽な妻との上手な付き合い方 妻のトリセツ 黒川伊保子著 講談社+α新書刊 本体800円+税 脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書。クスッと笑いそうになりますけど泣きそうにも。
30年前にこんな本があったらってね。夫にも、妻にも目からウロコの気づきありますよ。

2019年3月 6日 (水)

第160回芥川賞

第160回芥川賞 ニムロッド 上田岳弘著 講談社刊 本体1500円+税 仮想通貨の物語ということで仮想通貨を巡る事件やミステリーと思われますがそうではないです。主人公はシステムエンジニアです。ビットコインの新規事業に関わっています。過去のトラウマに苦しむ恋人、以前の同僚こと荷室。荷室からのメール、便利になったからこそいろんな事を今考えなければいけないかもしれません。

2019年2月27日 (水)

新たな物語の舞台は大学病院!

新たな物語の舞台は大学病院! 新章 神様のカルテ 夏川草介著 小学舘刊 本体1800円+税 巨大な大学病院の中で大学院生兼医師となって試練に忙しく立ち向かう一止。温かく支えるハルとの間には小春という新しい家族が加わりました。大学病院という特別な所でも患者に「希望」を届ける。医師に感謝、感謝。

2019年2月20日 (水)

第160回直木賞

第160回直木賞 宝島 真藤順丈著 講談社刊 本体1850円+税 戦後の沖縄の置かれた状況 知りませんでした。今の沖縄の現実を少しだけ知り、沖縄人のたくましさや独自の文化・・・何もわかっていない自分自身。沖縄の方の心の深さ凄いです。

2019年2月13日 (水)

一行のメモ

一行のメモ メモの魔力 前田祐二著 幻冬舎刊 本体1400円+税 最も注目される起業家の渾身のメモ術! すべてのヒントは日常にあるらしい。特別なことをする必要はないと言うことですかね?