更新ブログ


-天気予報コム-

2017年5月24日 (水)

音楽ミステリー

音楽ミステリー どこかでベートーヴェン 中山七里著 宝島文庫刊 本体650円+税 高校時代に直面した殺人事件。天才ピアニスト岬洋介は、自らにかけられた殺人の嫌疑を晴らすために独自調査に乗り出す。天才と凡人、成功と挫折、青春時代が生み出す光と影を、「このミステリーがすごい!」大賞作家、ピアノの旋律とともに描写します。どんでん返しの帝王が放つ音楽ミステリー。

2017年5月17日 (水)

不覚にも涙ぐんでしまう

不覚にも涙ぐんでしまう 君の膵臓をたべたい 住野よる著 双葉文庫刊 本体667円+税 ある日病院で一冊の文庫本を拾うタイトルは「共病文庫」。クラスメイトである山内桜良の綴った秘密の日記帳だったそこには彼女の嫁入りが膵臓の病気によりもういくばくもないと書かれていてー。
ラストは涙涙涙・・・
7月28日全国ロードショー

2017年5月10日 (水)

渾身の人間賛歌

渾身の人間賛歌 美しい星 三島由紀夫著 新潮文庫刊 本体590円+税
自分たちは他の天体から飛来した宇宙人であるという意識に目覚めた一家を中心に、物語は進みます。使命を手にした喜びに、家族の心は活気づき美しい星・地球を救えると信じたある平凡な宇宙人一家の非喜劇。
5/26(金)全国ロードショー

2017年5月 3日 (水)

生け花痛快時代劇

生け花痛快時代劇 花戦さ 鬼塚忠著 角川文庫刊 本体600円+税
花を愛する人として知られている池坊専好は後に豊臣秀吉から寵愛を受ける茶人、千利休と知り合います。二人は美を追求する者同士、友情を結び親交を深めます。戦乱の世、史実通り、秀吉により千利休は命を絶たれます。友人がこの世を去ったその悲劇に思いを募らせていく専好を立ち直らせるのは、花の美しさ・・・池坊専好と千利休感動の硬派な友情。茶道や華道を習っている人にお薦めです。6/3(土)公開❗

2017年4月26日 (水)

極上の九編

極上の九編 素敵な日本人 東野圭吾著 光文社刊 本体1300円+税 登場する人物が知人に似ていたり、経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう・・・なるほどと思わせる展開があったり、ミステリー要素もありで。毎日寝る前に一編。ゆっくり読んでみて下さい。

2017年4月19日 (水)

とっておきの青春小説

とっておきの青春小説 か「」く「」し「」ご「」と 住野よる著 新潮社刊 本体1400円+税
みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちからー。高校のクラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。比較的軽く読めてしまいます、皆性格良すぎですって。自分があとうんじゅう年若かったらどうでしょうか?

2017年4月12日 (水)

アロマの香りような・・・

アロマの香りような・・・ 100:歳の精神科医が見つけたこころの匙加減 高橋幸枝著 飛鳥新社刊 本体1100円+税 他人を気にしすぎると結局損をする。あらゆる不幸は人と比べることから始まる。頑張りすぎず、自分を甘やかせすぎず我慢しすぎず他人を頼りにしすぎず。説教臭くない、心を楽にする言葉の数々。そんな風に歳を重ねられたら。

2017年4月 5日 (水)

神様のカルテ著者が贈る21世紀版銀河鉄道の夜

神様のカルテ著者が贈る21世紀版銀河鉄道の夜 本を守ろうとする猫の話 夏川草介著 小学舘刊 本体1400円+税
お前はただの物知りになりたいのか?お金の話はやめて今日読んだ本の話しをしょうかね。猫が本を救うために力を貸してくれる。ぜひうちの本屋にも なんてね。

2017年3月29日 (水)

最後の日々を綴った感動の手記

最後の日々を綴った感動の手記 100万回言っても、言い足りないけど 竹田裕子著 新潮社刊 本体1200円+税
働き盛り、51歳、夫は一通の手紙を遺して逝った。仕事に生き、家族を愛した夫。亡くなってから4ヶ月一通の手紙と再会した。ありがとう、ありがとう・・・100万回言っても言い足りないけど。またいつかどこかで合おうね。人生50年じゃ短かすぎですよね。ただただ涙でした。

2017年3月24日 (金)

秋間古窯跡群

郷土誌「群馬歴史散歩」2017 第248号・・最新号です。
安中市自性寺焼里秋窯の青木昇さん14Pにわたって執筆しています。
安中市、秋間古窯跡群は、相水谷津支群、吉ケ谷津支群(7c前から9後半)等50の支群は大量の瓦が生産していた藤岡吉井古窯跡群と共に古代ファン知られています