更新ブログ


-天気予報コム-

« 2020年12月 | メイン

2021年1月

2021年1月20日 (水)

文字が大きく読みやすい

文字が大きく読みやすい 何がおかしい 佐藤愛子著 中央公論新社刊 本体1300円+税
愛子節全開のスーパーエッセイ。
道理の通らぬ世の中への怒りを率直な感情が実にエネルギッシュ哀愁もユーモアもあって素晴らしい。
巣籠もりに一冊。

2021年1月13日 (水)

最新老後小説

最新老後小説 今度生まれたら 内館牧子著 講談社刊 本体1600円+税
「今度生まれたら、この人とは結婚しない」夫の寝顔を見ながらつぶやいた。70歳の佐川夏江。
自分の人生を振り返ると、節目々々で下してきた選択は本当にこれで良かったのか。進学は、仕事は、結婚は。あの時、別の道もあだたはず。今自分が生きてきた年月を再確認できた。
別の道を選んでも良くなるという保証はない。
やはり自分なら今度生まれたら今の夫と又一緒になりたい。

2021年1月 6日 (水)

待望の書き下ろし

待望の書き下ろし ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人 東野圭吾著 光文社刊 本体1800円+税 殆どの人が訪れたことのない平凡で小さな町。寂れた観光地。ようやく射した希望の光をコロナが奪い、さらに殺人事件が・・・。張り巡らされた数々の仕掛けに驚きです。
颯爽とあらわれた黒い魔術師が人を喰ったような知恵と仕掛けを駆使して、犯人と警察に挑む‼
コロナ禍の小説世界ですかね。 さすがです東野圭吾。