更新ブログ


-天気予報コム-

文芸担当B子 Feed

2017年7月12日 (水)

江戸時代唯一の女大名

江戸時代唯一の女大名 かたづの! 中島京子著 集英社文庫刊 本体760円+税 265年続いた江戸の時代、東北に唯一の女大名が実在した。第21代八戸南部氏当主・祢々(ねね)。その史実を基に、伝承や伝記を織り込んだ歴史ファンタジー。戦わずして戦いに勝つ。民事と領地を守るため、知恵と勇気で生き抜いた。今以上の乱世の男社会で、あきらめないこと凄いですよね。

2017年7月 5日 (水)

若くも美しくも無い女が何故?

若くも美しくも無い女が何故? BUTTER(バター) 柚木麻子著 新潮社刊 本体1600円+税 結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子(カジマナ)。30代の女性記者里佳は梶井への取材を重ねるうちに、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に翻弄されるようになっていく。・・・高級フレンチから、恋人との情事を終えた後に1人で味わう バターましましの塩ラーメンとはどんな味なんだろうか。?
第157回直木賞候補作

2017年6月28日 (水)

大傑作忍者小説

大傑作忍者小説 忍びの国 和田竜著 新潮文庫刊 本体590円+税 時は戦国。人でなしの忍びたちが暮らす伊賀国に織田の軍勢が攻め込んだ。忍びの無門は伊賀の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国と敵前逃亡を図るが・・・(尻に敷かれている日々) 軍団は、誰も想像できない秘策を用意して、抗戦するのだった。形勢逆転をはかれるのか。?
映画化 2017 7月1日(土)全国ロードショー

2017年6月21日 (水)

運命を乗り越えろ

運命を乗り越えろ アキラとあきら 池井戸潤著 徳間文庫刊 本体1000円+税 零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かってない過酷な試練が降りかかる。感動の青春巨編。エリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才。感動で思わず涙・・。

2017年6月16日 (金)

衝撃の問題作

衝撃の問題作 ケモノの城 誉田哲也著 双葉文庫刊 本体759円+税
17歳の少女が自ら警察に保護を求めてきた。少女には明らかに暴行を受けたあとがあった。その後少女と同じマンションの部屋で暮らしていた女性を傷害容疑で逮捕するが、その女性にも、暴行を受けていたと思われる傷があった。やがて、少女が口を開く。お父さんは殺されました。読者の心を揺さぶる衝撃のミステリー。実際に起きた監禁殺人事件を基にした小説グロいですね。眠れなくなるかも。

2017年6月 7日 (水)

死刑は無力です。

死刑は無力です。 虚ろな十字架 東野圭吾著 光文社文庫刊 本体640円+税 11年前1人娘役を殺された男が今度は元妻を殺された‼ あの時離婚していなければまた遺族になっていた。予想もつかない展開。答えの出ない問題になさすべもありません。犯人に何を望みますか。

2017年5月31日 (水)

芥川賞「火花」を越える感動

芥川賞「火花」を越える感動 劇場 又吉直樹著 新潮社刊 本体1300円+税 演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、二人は出会った。うまくいかない現実、将来への不安。でも、その隣にはいつも彼女がいた・・・ 恋愛がわからないからこそ、書きたかったそうです。演劇の世界は知らなかったから劇団関係者の方に話しを聞いて書き上げたそうです。

2017年5月24日 (水)

音楽ミステリー

音楽ミステリー どこかでベートーヴェン 中山七里著 宝島文庫刊 本体650円+税 高校時代に直面した殺人事件。天才ピアニスト岬洋介は、自らにかけられた殺人の嫌疑を晴らすために独自調査に乗り出す。天才と凡人、成功と挫折、青春時代が生み出す光と影を、「このミステリーがすごい!」大賞作家、ピアノの旋律とともに描写します。どんでん返しの帝王が放つ音楽ミステリー。

2017年5月17日 (水)

不覚にも涙ぐんでしまう

不覚にも涙ぐんでしまう 君の膵臓をたべたい 住野よる著 双葉文庫刊 本体667円+税 ある日病院で一冊の文庫本を拾うタイトルは「共病文庫」。クラスメイトである山内桜良の綴った秘密の日記帳だったそこには彼女の嫁入りが膵臓の病気によりもういくばくもないと書かれていてー。
ラストは涙涙涙・・・
7月28日全国ロードショー

2017年5月10日 (水)

渾身の人間賛歌

渾身の人間賛歌 美しい星 三島由紀夫著 新潮文庫刊 本体590円+税
自分たちは他の天体から飛来した宇宙人であるという意識に目覚めた一家を中心に、物語は進みます。使命を手にした喜びに、家族の心は活気づき美しい星・地球を救えると信じたある平凡な宇宙人一家の非喜劇。
5/26(金)全国ロードショー

2017年5月 3日 (水)

生け花痛快時代劇

生け花痛快時代劇 花戦さ 鬼塚忠著 角川文庫刊 本体600円+税
花を愛する人として知られている池坊専好は後に豊臣秀吉から寵愛を受ける茶人、千利休と知り合います。二人は美を追求する者同士、友情を結び親交を深めます。戦乱の世、史実通り、秀吉により千利休は命を絶たれます。友人がこの世を去ったその悲劇に思いを募らせていく専好を立ち直らせるのは、花の美しさ・・・池坊専好と千利休感動の硬派な友情。茶道や華道を習っている人にお薦めです。6/3(土)公開❗

2017年4月26日 (水)

極上の九編

極上の九編 素敵な日本人 東野圭吾著 光文社刊 本体1300円+税 登場する人物が知人に似ていたり、経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう・・・なるほどと思わせる展開があったり、ミステリー要素もありで。毎日寝る前に一編。ゆっくり読んでみて下さい。

2017年4月19日 (水)

とっておきの青春小説

とっておきの青春小説 か「」く「」し「」ご「」と 住野よる著 新潮社刊 本体1400円+税
みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちからー。高校のクラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。比較的軽く読めてしまいます、皆性格良すぎですって。自分があとうんじゅう年若かったらどうでしょうか?

2017年4月12日 (水)

アロマの香りような・・・

アロマの香りような・・・ 100:歳の精神科医が見つけたこころの匙加減 高橋幸枝著 飛鳥新社刊 本体1100円+税 他人を気にしすぎると結局損をする。あらゆる不幸は人と比べることから始まる。頑張りすぎず、自分を甘やかせすぎず我慢しすぎず他人を頼りにしすぎず。説教臭くない、心を楽にする言葉の数々。そんな風に歳を重ねられたら。

2017年4月 5日 (水)

神様のカルテ著者が贈る21世紀版銀河鉄道の夜

神様のカルテ著者が贈る21世紀版銀河鉄道の夜 本を守ろうとする猫の話 夏川草介著 小学舘刊 本体1400円+税
お前はただの物知りになりたいのか?お金の話はやめて今日読んだ本の話しをしょうかね。猫が本を救うために力を貸してくれる。ぜひうちの本屋にも なんてね。

2017年3月29日 (水)

最後の日々を綴った感動の手記

最後の日々を綴った感動の手記 100万回言っても、言い足りないけど 竹田裕子著 新潮社刊 本体1200円+税
働き盛り、51歳、夫は一通の手紙を遺して逝った。仕事に生き、家族を愛した夫。亡くなってから4ヶ月一通の手紙と再会した。ありがとう、ありがとう・・・100万回言っても言い足りないけど。またいつかどこかで合おうね。人生50年じゃ短かすぎですよね。ただただ涙でした。

2017年3月22日 (水)

大切な人に贈りたい

大切な人に贈りたい 「大人の流儀」 さよならの力 伊集院静著 本体926円+税 さよならから本物の人生が始まる。なんだかとても深い言葉・・・。振り返らない過ぎた日々。ともに過ごした時間。何故そんな風に考えられるのか?生きていくしかないという自分への叱咤なのかな?。あのとき、あたは。もっと話しておけばよかった。

2017年3月15日 (水)

世代を超えた国民的ベストセラー

世代を超えた国民的ベストセラー ディズニーキズナの神様が教えてくれたこと 鎌田洋著 SBクリエイティブ株式会社 ディズニーの神様シリーズ。本体1100円+税 第7弾のテーマは「絆と希望」ハンカチ無しでは読めません。感動だけではなく、きっと今の仕事にも活かせるとおもいます。

2017年3月 8日 (水)

他の警察物も読んでみたくなるかも?

他の警察物も読んでみたくなるかも? 内通者 堂場瞬一著 朝日文刊 本体760円+税 今回の作品はシリーズものではなくて、千葉県警捜査二課というのも珍しいものです。中年刑事・結城の贈収賄事件の捜査を描く警察小説!一見関連のない2つの出来事が一つに結び付く模様をかいたもの。何とか娘と向かい合っていこうとする人間描写。今後の娘の成長を見てみたい。

2017年3月 1日 (水)

彼らが本の紙を造っている。

彼らが本の紙を造っている。 紙をつなげ!彼らが本の紙を造っている。 再生・日本製紙石巻工場 佐々涼子著 早川ノンフィクション文庫刊「8号(出版用紙の製造マシン)が止まるときは、この国の出版が倒れる時です」2011年3月11日、日本製紙石巻工場は津波に飲み込まれた。本の紙の供給にはなくてはならない工場だ。閉鎖が噂されるほどの壊滅的被害だったが、工場長は半年で復興を宣言。その日から、従業員の壮絶な闘いがはじまった。工場のため、地元のため、そして本を待つ読者のために!絶望から立ち上がる者たちのドラマを徹底取材した、傑作ノンフィクション。この内容を書いている今も
私涙してますごめんなさい。あれから6年私たちは変わったのでしょうか?。ぐっとこらえて一言だけいわせてください「是非ご一読を」